RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

進捗遅々として。あ、あけましておめでとうございます

2018.01.10 Wed
今年も、ほぼイベント情報しか掲載しない駄目ブログでよければお付き合いください。

さて、J庭44なのですが、参加確定しました。
J庭44カットです 
こんな感じのサークルカットです。今回珍しいことに、既刊の傾向や前回の新刊が(ありがたいことに)残部僅少ということもあって、歳の差ジャンルでの申し込みです。
無くなりそうで無くならないまだ少しある「菜の花が咲く前に」など、desire以前作品もごっそり持っていくので、どうかよろしくお願いいたします。
新刊は……高確率でありません\(^^)/なんてこったい
既刊本たちメインなのですが、お話しに来てくださるだけでも幸いです。
いつも本の挿絵はくころ様にお願いしているのですが、本当に受の子たちは「脱ぐと繊細な体つき」に描いてくださるのでありがてぇものだな、と思っています。攻の子たちの体格もしっかりした骨っぽさと筋肉の質感が良いものです。
という感じで、挿絵の部分だけでも読む価値ありかと……。むしろ挿絵を楽しんでくださるなら大満足です。

そんなJ庭なので、ゆるっとやろうと思います。
今後の予定は岩手の文学フリマ参加を目指そうと思っています。古巣である漢字中央警備システムの既刊をたんまり持っていくので、きっと机上はとってもにぎやかかと。J庭にも持っていけたらいいのですけど、BL要素が皆無なので……かといって百合小説でもない、バトルファンタジーとお気楽ご気楽ラノベなんですよね。
もし気になるという方おられましたら、メッセージいただければ対処します……とここに書いてみる。

そういえばアリスブックスさんで委託して貰ってた本がたんまり返ってきたのにBOOTHにアップしていない……、なんとかします……とほほ。
では、色々と頑張ろうと思います。
 


スポンサーサイト
Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

J.GARDEN43お品書きです。

2017.09.28 Thu
おしながきですよ

間に合った! という訳でブログ更新。
お品書き作成しましたので、お披露目します。
スペースはか03bです、若者ジャンルエリアの中に潜り込んでいます。
新刊は前回のブログで明記した通り、ワンナイトラブ合同本「一夜の密事」、76ページ700円です。
小部数発行なので、気になる方はお早目にお手に取っていただけるとありがたいです。
さて、キヨムちゃん著「あくだま」なのですが、なんとパンフレットの「はみだしワイド」というコーナーに取り上げられてもらっていました! ので、嬉しさ余って大きめの扱いです笑。
ついでで良いので、わたしの作品もお手に取っていただけるとありがたいなぁ、なんて。
扱いこそ小さいですが「菜の花が咲く前に」「ペット症候群の君へ」、ごくごく少数持っていきますので、そちらもどうぞよろしかったら。
そして無料配布本が山のように余っているので、そっちだけでもどうぞ貰いに来てください! 本当に!

では、当日は晴れるっぽいので絶好のイベント日和ですね。
楽しみにしてまいりましょうー。


Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

J.GARDEN43参加しますよ

2017.09.17 Sun
更新頻度の低さのせいで広告が出やすい駄目ブログですが、閲覧有難うございます。
もはや告知の為にしか使っていないブログですが、見てくださる方には感謝ですね。

と、いう訳で。
J庭、もといJ.GARDEN43(10月1日)、参加します。
サークルは利害一致の関係でいつも通り壬生キヨムちゃんとの合同スペース「Cieliste薬品」で出ています。
スペースジャンルは今回、悩んだ挙句いつものファンタジー・SF畑からうって変わって、若者畑での参加です。
若者ジャンルの方って多い気がするので、埋もれに行ってきます……。
新刊も脱稿できたので、ここで一緒にお知らせします。
ワンナイトラブをモチーフとしたオリジナルBL小説合同本「一夜の密事」、J庭43にて頒布します。
ポップンジャンルでの相方こと、虹蛇ちゃんが表紙絵で参加してくれました!
↓こちらです。これが目印!↓

新刊表紙!
執筆者は表紙の虹蛇ちゃんやわたしを入れて6人が参加、なかなか華やかなことになっています。
掲載順に紹介していきます……
弥彦様 「夢の果てに」
思春期に告白された少年。しかし、思い人の死によりそれはむなしくもピリオドを迎えることになる。時は過ぎ、カウンセラーになった主人公は不思議な少年に出会い、やがて儚い奇跡をもたらす―。

壬生キヨム様 「家の中の蚊帳の外の人」
独身貴族を満喫している主人公の元に、ある夜唐突に現れた叔父と謎の少年。叔父は少年を預かってほしい、そして少年がここにいることは口外してはならないと告げる。そんな少年との一夜は、どこか優しく、どこかおかしくて―。

緋池きんぎょ様「クーリエの塒」
主人公は、運び屋―闇稼業に生きる者である。そんな彼が受けた今夜の依頼は、鍵をとある国の皇女の元へ運ぶこと。語られるのは、一つの終わりの物語と、一つの始まりの物語。

うるえソラ様「little small secret」
主人公には、どうしても好きになれないクラスメイトがいる。あいつのせいで、何をやっても自分は二番手。俺だって、こんなに頑張っているのに! でも、そいつには誰にも話したことの無い秘密があることを知ったんだ……。

深海花乃 「ごっこあそび」
主人公は、ブラック企業の社畜である。ある日舞い込んできたのは、同窓会のおしらせに誘われ、いざ行ってみると、同級生はどいつもこいつも眩しかった。そんな中、当時の友人は甘い誘いを持ちかけてくる―。

表紙の虹蛇ちゃんもワンナイトラブにまつわる表紙を描いてくれているのですが、どんなシチュエーションかという解説は本文中にあるご本人のコメントにてお楽しみください。

さてこの本、わりと少なめの発行数です。当分頒布できるでしょうが、気になる方はお早目に。
ボリュームは76ページぶんぎっしり小説が詰まっていて、頒布価格は700円です。

では、お品書きをあげにまた期間を開けずに戻ってこられると……いいなあ!


Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

文学フリマ岩手、詳細です。

2017.06.05 Mon
広告が出る前に戻ってこられました。
最早告知ばっかりのブログですが、ちょこっとお付き合いいただければと思います。

さて、お品書きが完成しましたので添付。
こちらになります↓↓↓
第二回岩手文学フリマお品書きです。
在庫僅少なものも出てきたので(desire1辺りがほんのり僅少ではありますが、ほぼ全て在庫は10冊以下なのである意味僅少?)、気になる方はお早めにどうぞ。
「菜の花の咲く前に」「ペット症候群の君へ」は書店委託予定が無いので、こちらも気になる方は是非お早目にお手に取っていただけるとありがたいです。
desireシリーズは書店委託してあるので、もし文学フリマ岩手でお手に取りそびれてもそちらで……とか思ったりします。

久しぶりの岩手イベント、頑張ってこようと思います。
それでは会場でお目にかかれたら嬉しいです!

Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

第二回文学フリマ岩手、参加しますよ

2017.05.17 Wed
広告出ちゃってましたがひょこっと更新。
こんばんはですね。お久しぶりです。

さて、第二回文学フリマ岩手、なんとかスペース頂けたので参加してきます。
開催日は6月11日、場所は岩手県産業会館となっております。
半ば地元に近い場所のイベントなので、ゆるくやってこようと思います。
お品書きの方はまだ手を付けていないので、もうちょっとお待ちいただければ幸いです。
後日ウェブカタログの方に出し物の方登録しますので、そちらの方でご確認いただいてもいいのかなと思います。
こちらにも掲載しますがね。
新刊は無いのですが、無料配布本を作るので(現在進行形でもくもく原稿中です)そちらもお手に取っていただければいいのかなぁ、なんて思います。
既刊はほぼ全て持っていきますし、利害一致のもとお手伝いしている漢字中央警備システムさんとこの既刊も持っていくので、ゲーム系ライトノベルや重厚ファンタジー(全部notBL)に興味のある方はそちらもどうぞ! という具合です。
漢字中央警備システムさんとこでおすすめなのは……やっぱり「エンディングまで病むんじゃない」シリーズでしょうかね。お気楽ゲームネタ満載理不尽系ラノベです。かるーい気持ちで読める作品なので、是非。
勿論、傭兵シリーズこと「転生王の丘」「空中楼閣の洞」「怨鎖の灯」の三作品、そして「氷眸の女神」もいい作品だと思いますので、こちらもよかったら。スペースの許す限り、漢字中央警備システムさんとこの作品、置こうと思います。
わたしの作品だと、「Hotel Desire」シリーズは割と愛着あるのでお勧めしたいのですが、周囲の評判がぶっちぎりで高いのは「菜の花が咲く前に」です。BLとしては初期作品なのでいろいろと目を瞑ってほしいところばかりなのですが、こちらもどうか読んでいただければいいなぁ、なんて。あ、忘れちゃいけない「ペット症候群の君へ」も悪くはない、と思います……絵師さんめっちゃ頑張ってくれてたので……。
「文学」フリマなんて崇高な感じのイベントに出るのですが、わたしの作品はスナック感覚で書いているので、スナック感覚で読んでいただければそれだけでもう満足です。

では、原稿に戻りまっす。
そしてお品書きをあげにまた戻ってきます。

Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。