RSS|archives|admin

谷崎忌だった、昨日

2011.07.31 Sun
わたしの好きな作家の一人に、谷崎潤一郎がいます。
サディズム、マゾヒズムなどなどの、性的倒錯の世界を大胆にも描いた(当時にしてはそれはそれはすさまじい)、作風を誇ります。
……谷崎潤一郎作品を知ったのは、まずは「痴人の愛」から。
まだ学生だったころ、好きなブログで紹介していたのがきっかけでした。
おお、面白そう、これは読もう読もう……そしてずるずると
「おもしれええええ」で、今に至る。
ちょっと文学的でクラシカルなポルノを楽しみたいなら、ぜひお手にとってほしいところ。
そんな、谷崎潤一郎が、昨日命日だったのでした。
いつか献花にか、記念館めいたものがあるなら行きたいなぁ。

先日の話。
好きなアーティストが、亡くなったと聞きました。
本当に好きなアーティストで。
ひっそりと亡くなっていった。
……音楽業界の方なのですが、そのシーンでは結構な定評のある方でして。
そんな、「大きな影響を持つコトバを持つひと」を失ったことは、ひどく悲しい。
命が消えること、それは自然の摂理。
しかし、悲しいものは悲しいんだ。

酒が入るとダウナーになるかハイになるかの落差の激しいやつ。
それがわたしです。
厄介、厄介。

スポンサーサイト
Category:日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

けいおん!だよ

2011.07.29 Fri
ムギちゃん
画像解像度を間違えたけれどこのまま添付。
気が向いたらもう少し綺麗な解像度のモノにすり替えるかもしれません。
3度めの投稿、深海です。

けいおん!ですよームギちゃんですよー。
しかも何故か寝てますよーウサミミですよー。
けいおん娘ではムギちゃんが好きだなぁ。。
いちばん存在感のない娘らしいし、なんか皆扱い悪いけれどいいじゃないか!
おしとやかの何が悪い!
しかし……、映画化かぁー。
あのユルいアニメっぷりをどう映画に仕立てるのやら……?
HTTがどうなるのかも気になる。
なんだかんだ言って観に行くのだろうなぁ。

なんかやっぱり気になるし、すりかえが面倒なのでアップを載っけてみるよ!
あっぷー
んー……自分の絵じゃ可愛らしさは殆どでないけれどやっぱりかわぅいなぁ。

さて、別の話。
大槍葦人先生原画のフィギュアが、12月にでるそうで……。
ようやくここ2年くらいでLitteleWitch作品とかも買えるような環境になったのですが、
エマ(白詰草話)やシャルロット(Quartett!)のフィギュアがでているのですよね……大槍先生作品ならば。
更に、白詰草話に限った話ならば、ガチャガチャで海洋堂から出していたし……。
んー。悩みますなぁ悩みますなぁ。
なにしろ、18禁仕様なんですもの。
胸がはだけているし、……ねぇ?
買おうか……買うまいか……。
結論を出すなら8月22日までだ(受付終了日)。
可愛いんだけれど飾れないよ実家住まいには。
ちょいと厳しいデザイン。
……迷っておこうか、しばらく。

Category:アニメや漫画の話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ちょっと歴史をたどってみるか。

2011.07.25 Mon
アラミス。
初めて買った美少女ゲーム(18禁)って、「SNOW」だったなぁ、と。
ども、二度目の投稿です。
そして、次に「終末の過ごし方」。これは本当に好きなゲームだなぁ……。
このゲームに関しては、後できっと絵を描くでしょう。
「SNOW」は手放してしまったよ、スマヌOrz

で、三本目に買ったのが↑のゲーム、「朱」。
当時買っていた雑誌でヒロインが可愛いから気になって、初回版を買ったっけ……。
面白かったんだけれど、マッハで値崩れして泣きたくなった。。
色々と「?」な部分は、前作(だとファンが言っている)「銀色」で補っている最中……。
うん、アラミスが好き。
この絵自体はもう何年も前に下書きだけ終わっていたモノを引っ張り出して着色、加工しまんた(●ω●)
彼女の格好ってすごく刺激的なのな……、冷静になって見ると。
性格の割に大胆というか。
チュチュの格好も凄かったけれど。
格好がひっかかってコンシューマー化しないなら、すごくもったいないと思うのだが……。

「SNOW」は面白かったよ、けれど……あからさまに「KANON」「AIR」のいいとこどりをした空気がぷんぷんで。
魅力的だったんだけれどねぇ……。。
「終末~」に関しては、また後ほど。

もうちょっとしたら通販カテゴリを開設しますー。ちょいとお待ちくださいね。

Category:美少女ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |