RSS|archives|admin

下準備。&C90お疲れ様でした

2016.08.24 Wed
先週の話になりますが、C90、お疲れ様でした。
だいぶてんやわんやしていたのですが、無事に終わって良かったです。漢字中央警備システムさんのほうは、C91…冬コミはお休みの様なので、こちらも自宅待機で書店委託待ちコミケになりそうです。
今年のコミケは涼しかったとか断片的に話を聞きますが、どうなんでしょう。しばらくコミケに行っていないので…。ひとまず、夏コミにまた出るならば、開始30分で流れる化粧っていう状況だけは忌避したいです(前回参加してそうだったので)。電池式の扇風機でも持っていけば良いんでしょうね恐らく……。

さて、次は9月4日開催の文学フリマ岩手ですね。
スペースもいただけていて、キー15となっております。キイチゴ、ですね!?
文学フリマ自体初体験なので、なにぶん未知の領域です。
どうぞお手柔らかに…といった精神状態で、行く前から満身創痍の向こう側にいます。
BL作品は全て持っていくとして(「あいの唄~」に関しては当ブログのコメント、あるいはツイッターの方で取り置きメッセージをいただければ持っていく予定です…)、漢字中央警備システムさんとこの傭兵団シリーズ、EDまで病むんじゃない1、そして捌けそうで捌けない少し残っているヤンコメ(これでも結構好評なんですよ!)も持っていきます。
なにとぞよろしくお願いいたします。
当日は残暑厳しくないといいですよね……! と、思いつつ。
もうちょっと頑張ってきます。

スポンサーサイト
Category:日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

C90、おしながき完成しましたー!!@委託先

2016.08.10 Wed
C90までもう少しですね。皆さん準備の方はどうでしょうか。
と、いう訳でお手伝い兼古巣として居座らせてもらっているサークル、漢字中央警備システムの方のお品書きが完成したのでアップします。
C90お品書き  

当日はサークルリーダーのneu(のい、と読みます)氏とこくまろ氏が売り子をしています。お二人に興味があるっていう方は名刺を貰うといいかもしれませんね?
さて、わたしの方からもちょっとだけ準新作および既刊たちの解説をしようかと思います。
「エンディングまで病むんじゃない3」→C89新刊です。今回新刊が無いので準新作という形にしています。アイドルゲーネタが今回多めです。表紙絵バックの4人は、なんとアイドルですよ、アイドル!
つぎ、既刊。
「エンディングまで病むんじゃない」→おかげさまで漢シスにてご好評を得ている作品です。主人公(表紙左)がひたすらに可愛いゲームキャラに振り回される話になっています。ここからクソゲーの深淵に触れるのも、いいのかもしれません。
「EDまで病むんじゃない2」→エンディングシリーズ2弾です。表紙の清楚な巫女さんなのですが、またしてもこんなに可愛いゲームキャラクターにどこまでもどこまでも振り回されます。クールなおねぇさん先生(表紙左)なのですが、どうしようもない欠陥人間(どこが欠陥なのかはその目で確かめてみてください)なので、ある意味リアルという点ではゲームより厄介なのかもしれません。
「空中楼閣の洞」→傭兵団シリーズ第二弾(第一弾も在庫があるので、詳しくは漢字中央警備システムブログの方までお問い合わせください)、重厚なバトルファンタジー小説です。幾重にも重なる奇跡と罠は必見です! そして、息をのむラスト20ページ弱の展開は必見としか。是非その目で確かめてください。
「怨鎖の灯」→傭兵団シリーズ三弾。怠惰に身を委ねていた主人公に尾をひく暗い過去、そんな彼女が飲み込まれていく数奇な運命。ここでいったん傭兵団シリーズはお休みをいただいていますが、これもまた息を飲むラストに括目していただければと。
「ヤンコメ!」→漢シスにて好評いただいていたヤンデレアンソロジーの5弾目です。今回はヤンデレでコメディという、だいぶ軽いタッチでお届けしています。色々と意欲作満載の6作品、どうぞ味わってください。なお、残部僅少なのでご注意を。
そして、わたしの既刊ですね。
「あいの唄 哀の詩」→どの話から読んでもバッドエンドしかない、どうしようもなく後味の悪い短編集です。どうしようもなくなる軽い鬱に浸りたい方、そんな話に飢えちゃっている方は是非。舞台が微ファンタジー世界、現代、ワンテンポ昔の現代という、一冊で微妙に(あるいはまったく異なる)世界観が味わえるのはちょっとだけお得かもしれません(?)。なお、残部僅少なのでご注意を。

※注意事項※
当日は色々とテンパっていることが予測されますので、なるべく小銭をご用意いただけると助かります。
なお、ヤンコメに関しては390円という細かい値段設定上、10円のおつりは用意してあるのでどうぞ、ドヤガオで400円をお渡しいただければと思います。

それでは、当日お越しいただけることを楽しみにしています!
是非Neu氏&こくまろ氏とおしゃべりしてください。

Category:最初にお読みください | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

C90の手伝い

2016.08.03 Wed
コミックマーケット90、別名夏コミももうすぐですね。
と、いう訳で古巣兼お手伝いで協力しているサークル、漢字中央警備システムのほうの夏コミポスターが完成したので公開いたします。
C90はこちらでお出迎えです
こちら、漢字中央警備システムメンバー、こくまろ氏の「エンディングまで病むんじゃない」というゲームネタ中心ゲームラノベ(判りづらいかもしれないですがこれが最善のカテゴライズ)作品の表紙絵です。
内容は割とお気楽な読み心地で、ボリュームも文句なしの一冊になっています。「エンディングまで~」シリーズはいままでに3作出ていて、これは3作目のキャラクターたちですね。3作目に関しては女子率が高い上に、タイムリーなことにアイドルをしているキャラクターもいるという作品です。
ゲームが好き、主人公が理不尽な目に遭う展開が好き、可愛くて一癖も二癖も、いやそれ以上癖のあるヒロインが好き、クソゲーの深淵をのぞいてみたい、などなどのワードにピンときた方は、是非コミックマーケット三日目、パ27b『漢字中央警備システム』までお越しくだされば幸いです。
わたしの作品の委託もあるので、こちらも興味あるっていう奇特な方がいらっしゃるなら、そんな方もぜひいらしてくだされば、と。取扱い作品は、さすがにBLを置いてもらうのも憚られるので「あいの唄 哀の詩」のみの頒布となります。ご了承ください…。
来週にはお品書きの方をアップしたいので、こちらの方で詳しくは、といった感じになりそうです。
こくまろ氏の作品に関しては、ゲームジャンルの作品(特に90年代~00年代RPG)に詳しいと尚更楽しめるかなと思います。語りたいのですが、…それもまた次回更新のブログで。

余談なのですが、お酒に浸けようと思って買って来たハリボーグミなんですが。これ、固いしジューシーだしめっちゃおいしいですね!? ハードタイプのグミが好きな身としてはこういうの、たまらないです。
ハマりそうでリピートしたいのですが、ちょっとばかり高いのが玉にキズですかね…。


Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |