RSS|archives|admin

J.GARDEN41、参加します

2016.09.30 Fri
あっという間に(個人的感想で)怒涛だった9月も終わり、10月に突入しようと言うところです。
9月は忙しかったですよ…。文学フリマ岩手、入稿、などなど。
その辺はさらっと割愛しますが。

さて、10月2日池袋で開催のJ庭ことJ.GARDEN41、参加してきます。
お品書きはこちら!↓

J庭41お品書きです。

J庭ではすっかり恒例になりつつある、壬生キヨムちゃんと合同サークル「Cieliste薬品」名義での参加となっております。
さてさて。新刊、何とか間に合わせました。
新刊「Hotel Desire 三人目の話」、何もなければ頒布出来るかと思います。
内向型ジュエリー職人と純真無垢少年の三歩進んで二歩下がる系(?)すこしふしぎ世界観でお届けするBLです。
Hotel Desireシリーズ、これでおしまいです。物語の終焉を見届けていただけたら嬉しいです……!
当日なのですが、心身ともにだいぶテンパっていることが予想されます。暖かい目で見てくださると幸いです。
また、細かい額の頒布物が多いので小銭をご用意いただけるとありがたいです。
秋なのに暑くなるらしくて暑さに弱いわたしとしてはだいぶげんなりしているのですが、水分補給しながらおこしいただければとか思っています。
それは自分にも言えたことで、前日はしっかり睡眠取っていこうと思います……イベント前は毎回毎回緊張で寝つきが悪いので……。

それでは、当日お会いできますことを祈っています! 暑いのはともかく、天気が良いといいですよね。

スポンサーサイト
Category:最初にお読みください | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

文学フリマ岩手、お疲れ様でした&在庫状況もちょこっと

2016.09.21 Wed
と、言いつつもうすぐJ庭なんですけどね。
準備はしてますよ? そこそこ順調なので、何とか新刊は出せる……はずです。
そのうちお品書きをアップするのでお待ちください…。

さて、文学フリマ岩手。キヨムちゃんと一緒の参加でした。
彼女と新花巻で落ち合って、宮沢賢治関連の記念館めぐりなんてしてきました。
宮沢賢治の作品って、国語の教科書に掲載されていた「やまなし」と、「銀河鉄道の夜」をさわりだけしか読んだことの無いわたしなのですが、これを機になにか読みたいな……と強く思う位には記念館は素敵なところでしたね。
展示の仕方が良い具合に工夫されていて、なるほどこれは老若男女をひきつける作品世界をうまく表現できている、と。
作品が好きな方ならなおさら魅了されるんじゃないでしょうか。
そんなわたし、谷崎潤一郎が好きです。いつか記念館に行きたいなあとか思いつつ、結構な年月が流れました。どうする!?自分。
閑話休題。花巻を観光した後、翌日の文学フリマ岩手に参加したのですが、盛岡市はほどよく暑かったですね……。
一般参加の方々も想像よりいらしてて、文学フリマ初参加だったのですがこういう感じなのか、という感じです。
聞いた話だと東京の方はスペースがかなり多くて(岩手の10倍?)、素通り率も高いとか……(違っていたらすみません…伝聞の域を出ない話だということを念頭にお願いします)? 一方、岩手はこぢんまりとした感じだったので皆さんぐるりとゆっくりめぐっていたような印象です。
スペースには漢字中央警備システムさんとこの作品も委託で何作か置いてもらっていたのですが、こちらも何作品か捌けて感謝感謝、といったところです。何よりも嬉しかったのは、ヤンデレアンソロジーの「ヤンコメ!」がこちらのイベントで頒布終了にまでこぎつけたことでしょうか。長い道のりでした……。お手に取ってくださった方は、ゆるく楽しんでくだされば幸いです。改めましてこちらで最大限の感謝の言葉をつづらせていただきます。
わたしの作品もそこそこに捌けて嬉しかったです、BLだったんですが良いんですかね……? 良いんですよね……? お手に取ってくださった方、本当にありがとうございます。
今回は「あいの唄 哀の詩」は置いてなかったのですが、次は置きたいなぁなんて思っています。こっちのほうが文学フリマ向きの作品のような気もしますし……ね。
わたしの書いている話はあくまでも崇高な「文学」というよりは、息抜きやお茶菓子と共に読むような、娯楽作品の域を出ないとは思っています。文学という信念はひとそれぞれということでご了承ください。。そんな心境は文学フリマ向きなのか? と聞かれるとうーん…という感じですが、今後も参加したいなぁなんて甘いこと考えています。だって楽しいから! イベント参加も、出展者さんの作品見るのも買うのも! 
…と、いう訳で。恐らく、文学フリマ岩手。恐らく次回も参加します。

在庫状況なのですが、「Hotel Desire 一人目の話」の手元在庫がそろそろ心もとなくなってきました。委託先のアリスブックスさんに弱冠数置いていただいていますので、もし他のシリーズを読んで気になるとか思ってくださった方は、(急かすわけではないのですが)お早目に当方イベント参加時あるいはアリスブックスさんのほうでお手に取ってくださると幸いです。

次はJ庭。頑張ります……!

Category:レポレポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

第一回岩手文学フリマ、参加しますよ

2016.09.01 Thu
残暑も程よく厳しい感じですが、岩手文学フリマ参加してきます。
繰り返しますがスペースはキ―15となっております。
程よくお品書きも出来たので、えいやっとアップロード。
こちらです↓↓
岩手文学フリマお品書きはこちら!


ご覧いただいて大体お察しがつくのですが、漢字中央警備システムさんとこの作品も委託で置いています。
こくまろ氏の作品は重厚だったりお気楽だったりと幅広くバラエティ豊かな作風を楽しめるのでお勧めですし、ヤンコメに関してはヤンデレでコメディっていう当時(頒布して結構時間がたっちゃいましたかね)にしては珍しい作品だと講評だったのでお勧めですし。
わたしの作品に関しては、もう絵師さんがめっちゃ頑張ってくれていてすごい(語彙力の無いこの感じ)ですし、内容に関しては…禁・闇雲な粗探しとかいう体たらくですが、当時の自分にしては出来る限りのことをしているので、是非読んでいただけたらなぁ、なんて。
「菜の花が咲く前に」辺りは芽以(主人公・受)がかわいい!とはお褒め頂けています。ありがたいことに。きっと挿絵のチカラだよ!とか思っていますが、こういうタイプは自分的に書きやすいので…(Desitre1のシズクも同系統の性格なのでこっちもだいぶ書きやすかったとは軽い裏話)。強みなのか弱みなのか。
ともあれ、ともあれ。
こんなかんじでだしもの置いていますので、よろしくお願いします。
最近のこのブログは報告ばっかりになってますので、もうちょい気楽になんか書ければいいのですがね……なんともはや。
Desire3に関してはラストスパートモードです。ちょっとでもお楽しみいただければ、嬉しいかなと。相変わらず細かいこと気にしたらダメな作品では、ありますが。それは自分の作品すべてに、言えることですが。

とりま、岩手文フリ楽しんできます。

Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |