RSS|archives|admin

C90、おしながき完成しましたー!!@委託先

2016.08.10 Wed
C90までもう少しですね。皆さん準備の方はどうでしょうか。
と、いう訳でお手伝い兼古巣として居座らせてもらっているサークル、漢字中央警備システムの方のお品書きが完成したのでアップします。
C90お品書き  

当日はサークルリーダーのneu(のい、と読みます)氏とこくまろ氏が売り子をしています。お二人に興味があるっていう方は名刺を貰うといいかもしれませんね?
さて、わたしの方からもちょっとだけ準新作および既刊たちの解説をしようかと思います。
「エンディングまで病むんじゃない3」→C89新刊です。今回新刊が無いので準新作という形にしています。アイドルゲーネタが今回多めです。表紙絵バックの4人は、なんとアイドルですよ、アイドル!
つぎ、既刊。
「エンディングまで病むんじゃない」→おかげさまで漢シスにてご好評を得ている作品です。主人公(表紙左)がひたすらに可愛いゲームキャラに振り回される話になっています。ここからクソゲーの深淵に触れるのも、いいのかもしれません。
「EDまで病むんじゃない2」→エンディングシリーズ2弾です。表紙の清楚な巫女さんなのですが、またしてもこんなに可愛いゲームキャラクターにどこまでもどこまでも振り回されます。クールなおねぇさん先生(表紙左)なのですが、どうしようもない欠陥人間(どこが欠陥なのかはその目で確かめてみてください)なので、ある意味リアルという点ではゲームより厄介なのかもしれません。
「空中楼閣の洞」→傭兵団シリーズ第二弾(第一弾も在庫があるので、詳しくは漢字中央警備システムブログの方までお問い合わせください)、重厚なバトルファンタジー小説です。幾重にも重なる奇跡と罠は必見です! そして、息をのむラスト20ページ弱の展開は必見としか。是非その目で確かめてください。
「怨鎖の灯」→傭兵団シリーズ三弾。怠惰に身を委ねていた主人公に尾をひく暗い過去、そんな彼女が飲み込まれていく数奇な運命。ここでいったん傭兵団シリーズはお休みをいただいていますが、これもまた息を飲むラストに括目していただければと。
「ヤンコメ!」→漢シスにて好評いただいていたヤンデレアンソロジーの5弾目です。今回はヤンデレでコメディという、だいぶ軽いタッチでお届けしています。色々と意欲作満載の6作品、どうぞ味わってください。なお、残部僅少なのでご注意を。
そして、わたしの既刊ですね。
「あいの唄 哀の詩」→どの話から読んでもバッドエンドしかない、どうしようもなく後味の悪い短編集です。どうしようもなくなる軽い鬱に浸りたい方、そんな話に飢えちゃっている方は是非。舞台が微ファンタジー世界、現代、ワンテンポ昔の現代という、一冊で微妙に(あるいはまったく異なる)世界観が味わえるのはちょっとだけお得かもしれません(?)。なお、残部僅少なのでご注意を。

※注意事項※
当日は色々とテンパっていることが予測されますので、なるべく小銭をご用意いただけると助かります。
なお、ヤンコメに関しては390円という細かい値段設定上、10円のおつりは用意してあるのでどうぞ、ドヤガオで400円をお渡しいただければと思います。

それでは、当日お越しいただけることを楽しみにしています!
是非Neu氏&こくまろ氏とおしゃべりしてください。
スポンサーサイト


Category:最初にお読みください | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<下準備。&C90お疲れ様でした | HOME | C90の手伝い>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://syoujoyakuhin.blog.fc2.com/tb.php/88-673bcc09