RSS|archives|admin

第二回文学フリマ岩手、参加しますよ

2017.05.17 Wed
広告出ちゃってましたがひょこっと更新。
こんばんはですね。お久しぶりです。

さて、第二回文学フリマ岩手、なんとかスペース頂けたので参加してきます。
開催日は6月11日、場所は岩手県産業会館となっております。
半ば地元に近い場所のイベントなので、ゆるくやってこようと思います。
お品書きの方はまだ手を付けていないので、もうちょっとお待ちいただければ幸いです。
後日ウェブカタログの方に出し物の方登録しますので、そちらの方でご確認いただいてもいいのかなと思います。
こちらにも掲載しますがね。
新刊は無いのですが、無料配布本を作るので(現在進行形でもくもく原稿中です)そちらもお手に取っていただければいいのかなぁ、なんて思います。
既刊はほぼ全て持っていきますし、利害一致のもとお手伝いしている漢字中央警備システムさんとこの既刊も持っていくので、ゲーム系ライトノベルや重厚ファンタジー(全部notBL)に興味のある方はそちらもどうぞ! という具合です。
漢字中央警備システムさんとこでおすすめなのは……やっぱり「エンディングまで病むんじゃない」シリーズでしょうかね。お気楽ゲームネタ満載理不尽系ラノベです。かるーい気持ちで読める作品なので、是非。
勿論、傭兵シリーズこと「転生王の丘」「空中楼閣の洞」「怨鎖の灯」の三作品、そして「氷眸の女神」もいい作品だと思いますので、こちらもよかったら。スペースの許す限り、漢字中央警備システムさんとこの作品、置こうと思います。
わたしの作品だと、「Hotel Desire」シリーズは割と愛着あるのでお勧めしたいのですが、周囲の評判がぶっちぎりで高いのは「菜の花が咲く前に」です。BLとしては初期作品なのでいろいろと目を瞑ってほしいところばかりなのですが、こちらもどうか読んでいただければいいなぁ、なんて。あ、忘れちゃいけない「ペット症候群の君へ」も悪くはない、と思います……絵師さんめっちゃ頑張ってくれてたので……。
「文学」フリマなんて崇高な感じのイベントに出るのですが、わたしの作品はスナック感覚で書いているので、スナック感覚で読んでいただければそれだけでもう満足です。

では、原稿に戻りまっす。
そしてお品書きをあげにまた戻ってきます。

Category:オフライン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

いろんなところでわたしの作品。

2017.04.13 Thu
友人・キヨムちゃんとの利害一致の関係から、理由あってしばらく彼女にDesireシリーズを預かってもらっていました。
頒布していただいていたイベントは、文学フリマ京都、前橋、そしてテキレボといった感じでしょうか。
いずれも頒布終了、とはいかないものの、お手に取ってはいただけていたようです。
ありがたやありがたや。

次は、個人名義サークルでの参加で、文学フリマ岩手の方に参加予定です。
新刊は無いのですが、今までの作品の無料配布用カタログ冊子でも作って持っていこうと思っています。
無くなりそうで無くならない、まだある「菜の花~」や「ペット症候群~」は勿論持っていきますし、今回は全年齢向け&NOT腐作品の「あいのうた~」も持っていくつもりです。
「あいのうた~」に関しては、自分にしては珍しくバッドエンド・悲恋に特化した珍しい作品となっています。が、なにぶん数年前の作品なので……、表現やニュアンスなど、古めです。ご了承いただければと思います。
決して爽やかでもないし読了感もすごく後味悪いのですが、お手に取られることがあればな、と。

さて、Desireシリーズ。Pixivに続いて、BL小説投稿サイトの、「fujossy(フジョッシー)」さんところにも掲載しています。
長編から短編までありますし、更にはコンペまでやってたりと楽しみな感じです!
と、いう訳でこちらでもよろしくおねがいします。
現在Desire1Desire2を投稿済です。近々3をアップしなくてはー。頑張ります。

と、いう状況です。
こちらは桜の開花が微妙な感じですが、来週にはきっと満開になっていることでしょう。
お花見行けるといいのですがね……。

そして、色々構想だけはある段階なので、なんとかして作品に昇華してあげたいところです。
そればっかりは、本当に頑張らないといけないですよね……。詰まったら程よく気分転換、していきますか。

そんなこんなでした。

Category:お知らせ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

春のJ庭、不参加のお知らせ。

2017.02.19 Sun
春のJ庭、わたし自身は不参加です。
いつも一緒に参加してくれている壬生キヨムちゃんの「Cieliste」さんとこは参加されるので、よろしかったらそちらにお立ち寄りください。
そして、仲良くさせてもらっている&お世話になっている、うるえソラさんの「小さな世界」さんとこや、きよにゃさんの「招福来猫」さんとこ、沖世みのりさんとこの「碧水工房」さんとこ、などなど楽しい&必見サークルさんは沢山ありますので……(ほかにも親しいサークルさんなどはもう少しあるのですが残念ながら割愛)!
本当に、BLに抵抗ない方ならきっと楽しめるんじゃないかなという空間です。見てほしいのは他にもありまして、毎度ながらとても凝っているのはカタログでしょう。ほぼ毎回買っているのですが、お洒落カフェの紹介ページが素敵だったり(いつか行ってみたいとかおもいつつアフターはいつも掲載されていない池袋以外のお店……)、暇つぶしのパズルページがあったり、小説同人誌作家さんプッシュのコーナーなどという小説書きには有難いコーナーもあったり。イベント中には売店も出ているので、小腹が空いたら現場で空腹を満たせるんじゃないかな、と。
そもそも池袋のサンシャインで開催なのですから、やろうと思えばサンシャインのショッピングモールエリアで小腹は満たせますしね……。
10月の方は出たいなぁとか思っているのですが、現時点ではどうなるかな、といった状況です。新刊は無くても無料配布のカタログ本くらいは持っていきたいな、なんて。

さ、て。頑張りましょう。。もう少しだけ。

Category:日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

文学フリマ京都の方に、すこしだけ。

2017.01.19 Thu
メリークリスマスもあけましておめでとうもとうに過ぎ、クリスマスムードはあっという間に去って行った上にお正月ムードを味わう暇もなく全てが過ぎ去って通常運転です。もう、一月はまるまるお正月ムードにしちゃえばいいのに……ダメ?

そんなわたしのぐうたらな願いはどうやっても届かないのですが、今回少しだけお宣伝をば。
友人サークル、Cielisteの壬生キヨムちゃんが文学フリマ京都に参加するとのことで、その手伝いの報酬として(?)、少しだけ既刊を置いていただけることになりました。
文学フリマ京都のCielisteサークルカタログには恐らく載っていないので、こちら裏メニューとなっております。
↓ ↓ ↓
文学フリマ京都用お品書きです。


お品書きをご覧になっていただければだいたいお察しなのですが、「Hotel Desire」シリーズのみのお取り扱いになっています。
…それにしても、こうやって並べてみると「表紙の背景が巧い具合にグラデーションしている」のが分かっていいなぁ……と(だから敢えてこんなレイアウトに)。夜から深夜、夜明けのグラデーションを京都の会場でもお楽しみください、あわよくば手に取っていただけたらとか思います。
三者三様の恋模様、奇跡だとか嘘だとか約束だとか誓いだとか。
舞台やシチュエーションが共通しているだけで、ほぼ独立した話なのですが、ぱらりと読んでみて琴線に触れそうでしたら、是非にと思います。
個人的に。関係性でお気に入りなのは二巻の二人ですが、結末として気に入っているのは三巻の二人、18禁描写として気に入っているのは一巻の二人です。その辺にも留意してみるとおもしろいかもしれません(?)。

と、いう訳で。壬生キヨムちゃんの既刊をお手に取るついでにいかがでしょうか。
彼女の方は短歌や小説をメインに創作しています。嗜好を凝らした思考巡らせるのが楽しい本が多いですし、ほの甘く上質なBL小説などもあるので、こちらも是非。作品が全体的に丁寧で美しいので、そんな中に置いてもらうジャンクフード的わたしの作品ってどう考えても場違いなのですが……。よろしかったら。

と、いう訳でみやこめっせ(っていうとこで開催なんだとか)で、お手に取っていただけたら幸いです。


Category:お知らせ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

今年もあとちょっとですよ

2016.12.11 Sun
年の瀬ですね。
冬は好きなのですが、ドカ雪は苦手という微妙な好き具合です。
ブログを微放置していたせいで広告が出てきたので、更新です。

今年はイベントに何度出たかな、と思いイベント履歴を書いているノートを見返したのですが、四回くらいしか出てないんですね……。最近の平均数値とはいえ、ちょっと物足りなくもあります。昨年が委託だったりも含めてもう少し参加していたのですが、今年は微妙に控えめでした。
東北で文学フリマが開催されるようになったので、来年はもうちょっと参加したいところです。あわよくば札幌文学フリマにも参加したいという小さな野心も無きにしも非ず、といった感じで。
自分の作品は文学ではなく娯楽だとは思うのですが、イベントに出るのが楽しい&色々な土地を歩くのが好きなので。経験値積んで精進しようと思います。
それにしても意外なのは、コミティアしかり文学フリマしかり、まだ仙台で開催していないことですよね……。コミティアに関しては「みちのく」と銘打っちゃってますし、仙台で開催は期待薄い感じでしょうか。仙台文学フリマは……どうなんだろう?

ゲームの方ですが、ソシャゲは日常的に触っていますが(モバマスデレステエムマス、たまにナイツオブグローリー。ほぼアイマス系列です)、えろげもとい美少女ゲームは「forest」を昨年からずっとちまちま進めています。
リアルタイムで追えず、追いたいと思ったころにはプレミアが付いていたゲームだったのですが、廉価版が出てありがたくプレイしています。
このゲーム、おそらく現時点では中盤なのですが(進めるのおっそいです)、海外ファンタジー文学や海外の童話関係に詳しいとすごく楽しいんじゃないかな! と思います。海外文学に関しては学生時代もほぼノータッチだったので全く詳しくなく今に至るのですが、断片的な知識だけでもオマージュや元ネタかな?という作品をちょっと知っているだけで「おぉ……!」と思えるのですから、広く浅くでも海外文学系列に詳しいとものすごい楽しめそうです。BGMのケルト調も心地いいですし。
登場人物の「アリス」だって、なぜ黒ずくめのゴシックロリータ衣装なのかは、そこそこ中盤辺りで明らかになりますが、その描写には本当にはっとしましたね……。アリス関連の創作、確かに多いよなあ、と。
美少女ゲームに抵抗ないなら是非とも、といった作品です。序盤は正直「???」となること請け合いですが、ひとまずそのハテナをほっといて進めれば、物語を進めるにつれ話がつながっていく気持ちよさがありますし。

さて、そんなわたしが手伝いとかで協力している古巣サークル「漢字中央警備システム」なのですが、今回の冬コミ(C91)には不参加です。しばらくコミケには参加しないかもしれない、とのことでした。各々忙しいようで……。
少女薬品名義でコミケに出たのももう5年前になっちゃいました。いつかまた復帰したいなぁとか思っています。

さて、ちょこちょこ年末進行していこうと思います。
周りも自分も微妙に忙しくはありますが、ほどほどに手を抜いてまいりましょうか。

Category:日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |